My Colors

鬼子母神@雑司が谷

都電荒川線の鬼子母神駅を降り、昔が残る雑司ヶ谷界隈へ。
b0174068_0291284.jpg

緑の色濃い参道から境内へ入ると、そこはもう別世界。
b0174068_0293549.jpg

「恐れ入谷の鬼子母神」で知られる台東区入谷の鬼子母神ではなく、豊島区雑司が谷の鬼子母神。
b0174068_0295158.jpg

と、始めたけど、今日も写真とは関係ないつぶやきなど・・・^^;
b0174068_0303279.jpg

今日の昼休み、外から自席に戻り、椅子に座ったとたんに蝉の鳴き声がオフィスのフロアに響き渡った。

? どうやら自分の太もも裏から鳴き声がする^^;

知らないうちに体に着いてたようだ。
b0174068_0305358.jpg

笑われる中、そっとティッシュにくるみ、外に離してあげようかと思ったら、このビルこのフロアは窓が開かない。。

つぶさないよう手のひらにくるみ、仕方なくエレベーターで一階に降りて外へ向かう。

その間、蝉はジジジっと鳴きまくり・・(汗)

あっちこっちから「あのオッサン何で蝉連れてるんだ?」って感じの笑われ方。

そりゃそうだ・・
b0174068_0311773.jpg

蝉を連れて何とかビルを脱出し、外の木の近くにそっと放す。

でも、蝉はこちらへ向きを変え、こちらを向いたまま何故か離れていかない。

蝉の習性だか知らないけど、急に愛おしい存在となり、しばらく蝉とお話タイム。
b0174068_031365.jpg

「あのオッサン、しゃがんで地面に向かって話してるけど、何か仕事でミスって落ち込んでるのかな!?」

ってきっと思われるくらい、地面(蝉)に向かってお話してた(笑)
b0174068_0315878.jpg

いつまでも話かけてるわけにはいかないから、そっと立ち上がった瞬間・・

蝉はジジジっと叫びながら大空へ飛び立ち、やがて別の木々の中に吸い込まれていった。
b0174068_0321730.jpg

一度も振り向かないで・・

それを黙って見ていた・・

蝉の残された短い時間とか考えると、僅かに一緒に過ごし時間ではあるけれど、なんか急に切なくなってしまった・・
b0174068_0323850.jpg

午後の仕事中ずっと、ふと一息入ったときに、蝉ではなく鳥の歌ではあるけれど、石川セリの「鳥が逃げたわ」が頭の中で何故か繰り返し流れてた。

歌詞の意味とは違うシチュエーションなんだけどね・・
b0174068_0332819.jpg

鳥が逃げたわ
今日の明け方
一度も私に振り向かないで
どこかの街へ

黙って見てたわ
しょうがないもの
・・・

(作詞:伊藤アキラ)
b0174068_0335274.jpg

夏の終わりを感じた、そんな今日の午後でした。。

人気ブログランキングへ + ブログランキング参加中 +
[PR]
by tetora-u | 2009-08-19 23:59 | Tokyo