My Colors

ボイン!?

‘ボイン’と言っても沖縄民謡を唄う上での‘母音’の話。(すいません^^)
b0174068_23571390.jpg

一定以上の年齢だと、ご存知の方も多いかと思いますが、ユーミンの「やさしさにつつまれたなら」という曲を例に取ります。

これを沖縄の歌姫・仲田まさえさんが唄っています。



出だしは。。
♪ 小さい頃は 神様がいて ♪
♪ 不思議に夢を かなえてくれた ♪


これをナイチャー感覚だと。。
♪ ちーい さーい ころーはー かーみさまが いてー ♪
♪ ふーしぎーにー ゆーめーをー かなえーて くれたー ♪


でも、仲田さんの沖縄民謡が入った歌唱では。。
♪ ちぃーぃい さぁーい こぉろぉーおー はぁーあ かぁーあみさぁまぁがぁ いぃてぇーえ ♪
♪ ふぅーうしぃぎぃにぃ ゆぅーめぇーをぉーお かぁなぁあえーぇえてぇ くぅれぇえたぁーあ ♪


日本語表記が難しいですがこんな感じに聞こえ、言葉ひとつひとつ母音の存在感が強くなっています。
b0174068_23575942.jpg

同じく母音を強調する劇団四季のように、一声で母音を出すのではなく、子音の後からジワっ~と母音が追いかけるって言うか。。

う~ん。。なに言ってんのかわかんないですね。。

この違い、なかなか難しくて、一歩間違うとこぶしをきかせた演歌になってしまいます。ビブラートもかけてはいけない。

でも、唄うときに母音を意識すると、確かに沖縄民謡に一歩近づいた気分♪

なんか違う自分の唄三線に、三線仲間がアドバイスしてくれた母音の意識。(ありがたいものです~^^)
b0174068_23582149.jpg

備忘録として記事にしてみました。

人気ブログランキングへ + ブログランキング参加中 +
[PR]
by tetora-u | 2012-03-07 23:59 | Tokyo