My Colors

古見ぬ主

b0174068_0291494.jpg

「朝花」の唄三線は別として、ちゃんとやろうとしてるのが「古見ぬ主」(くんぬしゅう)という曲。

西表の古見と宮古の海を往来した宮古の四島(池間島・狩俣・島尻・大神島)の主(古見ぬ主)が、出産する亀の命を助け、それからはは亀が主の安全を見守るようになったという不思議な歌詞。また、尺(シ)が尺と尺♭の中間という不思議な旋律です。



「多良間しゅんかに」は何となく出来るようになったので、またまた宮古民謡にチャレンジです。
[PR]
by tetora-u | 2013-02-01 00:30 | Tokyo