My Colors

旅立ちの島唄~十五の春~

体調不良のため静養に努めた週末。

次回三線慰問の(勝手にピックアップした)候補曲の音を取って工工四を作ったりしてノンビリしてました。

作ったものの、みんなで出来るかも含めて採用可否は未定なので、それは(気が向いたら)いずれ記事にします。


さて、3月という時節柄もあって久しぶりに引っ張り出した「アバヨーイ」という曲。工工四は耳コピからの自作のモノ。

b0174068_21584626.jpg


# 沖縄県の南大東島。
# 那覇から東へ飛行機で約一時間。台風情報などで名前は聞きますね。
# 島には高校が無いため、中学を卒業すると、子ども達は親元を離れます。
# 動画のバックで流れる唄は「アバヨーイ」という曲。
# 15の春。 島を旅立つ子ども達と、家族や島人達の想いを唄ってます。
# アバヨーイ = さようなら。
# 何気なく聞いてしまう曲も、歌詞の背景や意味を知ると、ぐっと唄にのめり込みます。
# 唄うときに、情景や心理を知ること大事さを改めて感じます。
# でも、アバヨーイ = さようなら → これからのスタート! ですよね。

以前も書いた「アバヨーイ」の記事をそのままコピペです^^;



この曲は、5月に公開される映画 「旅立ちの島唄~十五の春~」 の挿入歌でもあります。



映画のワンシーン、民謡教室での先生の言葉 「この歌は泣いて歌ったら価値ないからさ、堪えて歌うんだよ」 の想いを込めて、唄0三線10(喉も痛いから・・)してみました。心に染みる名曲ですね。
[PR]
by tetora-u | 2013-03-17 22:00 | Tokyo