My Colors

エアコン修理備忘録

b0174068_2324656.jpg


(はじめにお断りしておきますが、ただのボヤキの備忘録記事です)


すぐに冷えなくなる購入後3年目のリビングのエアコン。


昨年は(も)まずは購入した量販店のサービスセンターに電話して(ぜんぜん繋がりませんが・・)

修理業者だけが来てメーカーの不備を指摘して

メーカーだけが来て修理業者の不備を指摘して

部品が無いからまた別日に改めてとも言う

双方の連携が上手くされず、確認依頼事項をこちらが間に入りそれぞれ伝える。

都度時間調整のうえ在宅対応をして、どこの会社に何回来てもらったかもうわからない。

暑さのピークを超えてから何とか冷えるようになったものの、対応のされ方に不信感が残ったのは否めません。

また、他の部屋のエアコン冷気を流して凌いだものの、暑い家で過ごしたテトラが、その夏に旅立ったのも全く無関係とは言い切れません。



そんな経緯のあった今年、エアコンの試運転をしてみたところ、また冷たい風が出ませんでした。。。



購入した量販店のサービスセンターに電話して(ぜんぜん繋がりませんが・・)

おとなしくやりとりしているうちにまた前年と同じ繰り返しが予想される流れに。

なので無理な要求とは認識しつつも、メーカー、修理業者、そしてコントロールする量販店が揃って来るようあえて依頼しました。


でも結局は、量販店からの指示とばかりに、メーカーが状況を見に来る日程調整をしてきたのでラチがあかず、

仕方がないので量販店へ直接出向いて直談判。


不本意でも意図的に強く言わないと、真剣に対応してくれないのでしょうか?

クレーマーと思われてしまったかもしれませんが、それでも仕方ありません。

後日、3社揃って修理に来てもらった結果、原因はメーカー側の部品の不備であることが判明。

責任の押し付けあいもこちらには全く関係なく、ただエアコンが正常作動してくれれば良いのですが、

修理業者は昨年その箇所を指摘してるとかまだ言ってるし。。

メーカーは今日は部品が無いから後日改めてとかまた言ってるし。。

言いたくないことを無理して言うのもエネルギーが必要で、後味の悪い疲れが残ります。


で、先の週末に再度在宅対応。


メーカーさんは言い訳などなどしながら、予定の倍以上の時間かかって何とか修理終了。

冷えるようにはなったけど修理箇所とは別の部品不備も見つかり、部品取り寄せ後に再度来てもらうことに。

しかもそれは保証対象外の消耗品だから有償とのこと。

そんなすぐにダメになるのか聞いたら、普通はこんなに早くダメにならないとか(おいおい)。

こんな経緯がなければ従いますが、金額の大小の問題でなく、請求してくるのは少し違うのでは? と伝えると、メーカー(実際は再委託先の個人事業主?)の自腹になるから勘弁してくれ、と。

情には流されますが筋が違う話なので、また量販店へ連絡して、下請けに押し付けないようやりとりの末に、無償交換で決着。


ようやく一段落しましたが、今後も不安の残る出来事でした。


以上、写真もまったく関係ありません。
[PR]
by tetora-u | 2013-06-26 23:23 | Tokyo