My Colors

雑感・東京湾の花火大会

エアコンの室外機から吹く風が、温風に感じないほど暑い、夏の日の夕べ。

ビルに風の通り道を遮断され、コンクリートとアスファルトに蓄積された熱は、頼みもしないのに日が暮れても街を暖め続ける。

水辺の我が家はまだマシなほうか。

b0174068_23432724.jpg


飼い猫ナッツには初めての東京湾の花火でしたが、音に動じることなく、いつも通りくつろいでいました。

昨年の東京湾の花火は、先代猫のテトラが一週間後に旅立つなんて思いもせずに、同じようにベランダから花火を観ながら、テトラが怖がってないかを確認したことを思い出します。

命あるものは、みな限られた時間の中で生きているのだから、喜怒哀楽どんな時も、その時間を大切にしないといけませんね。

b0174068_23434011.jpg


さて、今年の花火大会で密かに期待していたことは、DJポリスが家の近くに現れるか。

予習としてYouTubeで声や見た目をチェックして臨みました^^

「ん!?この声とトークのスタイルは?」と、花火が始まる前にそれらしき人を発見! 確証は無いけど見た目も予習したビデオに近い!

でも花火が始まった後の我が家の近くは、違うかたがマイクで群集整理をしてました。残念!

しかし人の集まるイベント運営は大変ですね。今回もボランティアさんを含めて沢山の人が花火大会をサポートされてました。

b0174068_2344326.jpg


いつもは晴海通りの車道いっぱいに広がる帰路につく人の列は、誘導の仕方を変えたのか、今回はあまり拡がらずに済んだみたいです。

いや、そもそも人出が少なかったのか? 猛暑や豪雨の多い天候のためかわかりませんが、始まる前の人の数もいつもより若干少ない気もしました。

花火会場へ向かう人の流れは、花火大会の後半にさしかかると、駅へ向かう人の流れに変わります。

下手すれば花火が終わっても電車に乗るまでに2時間以上かかるので、フィナーレ前に帰る人がいてもおかしくはありません。

引き上げタイミングについては、だいたい花火が終わって1時間程後が駅周辺は混雑マックスになるので、晴海埠頭のメイン会場にいる人は開き直って宴会して帰るほうが良さそうです。(いつまで居座れるのか知りませんが・・)

少し離れた場所から花火大会を見た場合は、すぐに帰った方がわりかしすんなり帰れます。

花火終了後の駅に向かう人の数を時間差で見ていて、いつもそう感じます。

b0174068_23442992.jpg


何はともあれ、夜になり適度な風も出て煙も滞留せず、また雨に降られずに花火が楽しめて良かったです。

また来年も同じように楽しめたら良いな♪
[PR]
by tetora-u | 2013-08-13 23:45 | Tokyo