My Colors

LOVE TAKASAKI

同窓会の翌日、高崎駅前で自転車を借り、まず向かった先は母の墓参り。

そして仕事で葬儀に行けなかった亡き叔母宅へ新盆のお線香をあげに行き、さらに別の叔母宅へ挨拶の顔出し。共に高崎駅近くに住む母の姉妹です。

b0174068_232467.jpg


思い出話に花を咲かせた叔母宅を後にしてから、高崎の街をチャリで颯爽と流す。汗だくになりながら。。^^;

母の故郷で、母が大好きだった街、高崎。 今は「LOVE TAKASAKI」の文字があちこちで見受けられます。

b0174068_233290.jpg


母と一緒に高崎の街を歩いた際は、次から次に母を知る人から声がかかったことが思い出されます。

かつては賑わった街もシャッター通りばかりになったけど、埋もれていた思い出がひとつまたひとつと蘇った夏の1日となりました。

b0174068_233193.jpg


墓参り後の行動の記事なので、少し沈んだトーンになるのは仕方ないですね。



なので少し雰囲気を変えて。。。

コレを見て、ひらがな1文字を連想してください。さて、どんな文字が浮かぶでしょうか?

b0174068_2333649.jpg


私は「え」です。

他県の方にはわからないでしょうが、「上毛カルタ」の「え」=「縁起だるまの少林山」です。

群馬県人チェックというサイトがあります。

その冒頭が↓

●上毛カルタをすべて暗記している。
 ⇒小さい頃はすべて記憶してましたが、さすがに忘れてきました。でも群馬県民で上毛カルタを知らない人はいないでしょうね。

ついでにいくつか^^;

●『力合わせる・・・』の次に『190万!』と言う人と『200万!』と言う人で上毛カルタの世代が分かれる。
 ⇒これも上毛カルタの句。おじさんは『力合わせる160万』だ!

●運動会の組分けは、赤城(赤)、榛名(青)、妙義(黄)、浅間(白)の4つが基本である。
 ⇒大きい学校はそうだったかもしれませんが、私が通った小学校は、赤城(赤)、榛名(緑)、妙義(白)でした。

●方角は山を見て判断する。
 ⇒確かに!^^赤城、榛名、妙義、浅間の山々は判断基準ですね。

●贈答品は、高島屋より、西武より、何より「スズラン」ががありがたみがある。
 ⇒高崎のデパートといえば「スズラン」が別格です!

●高校は男子校(女子校)だった。
 ⇒当然だんべ!^^(公立は男子高・女子高率が異常に高い県なのです)

●子供のころ「プラザアテネ」を見上げては「あそこに行きたい」と親を困らせたことがある。
 ⇒頑張ってお城みたいな高級ラブホへ行こうとしてる友人にカンパしたことはあるけど残念ながら行ったことはないなぁ。。

●シャンゴのスパゲッティーが一番美味しいと思う。
 ⇒大学生の頃に帰省すると必ず行ったっけ。。

●話の語尾を「なんさ~」と付けるのが方言だと言う事を知らなかった。
 ⇒「いくんかい?」「そうなんさ~」とかね^^;

●海が好きだ。
 ⇒海なし県民の憧れですよね~

まだたくさんあったけど、このへんで。。
[PR]
by tetora-u | 2013-08-20 23:06 | Gunma