My Colors

沖縄民謡の音律

b0174068_2333291.jpg


少し大げさかもしれませんが、今まで思い込んでいた音の概念が、ここにきて崩れてきています。


私の音との本格的な出会いは、幼稚園児の頃に習い始めたピアノからでしょうか。

そこでは、ソルフェージュ(楽譜から音に声を出して読み取る)の時間がありました。

曲をすべて ♪ドレミ♪ で歌ったような・・・記憶があります。(少し曖昧です)

※余談ですが、小学校中~高学年になるにつれ、周りが女子だけで恥ずかしくなり、好きなピアノを辞めたのが今にしては悔やまれます。


話を戻して、曲は目でなく耳で覚えるタイプの私。

これは面白い分かれ方で、兄弟でも楽譜を見て覚えるタイプと、曲を聴いて覚えるタイプに分かれることが良くあります。私と異なり兄は目で覚えるタイプでした。

その耳で覚えるタイプの私は、物心ついた時から曲を聴いて ♪ドレミ♪ に変換するように身体で覚えていきました。

西洋音律のピアノで表現できる音、1オクターブを均等に12分割した12平均律です。


三線を始めて工工四を読む時も、身体に染みついた12平均律で、私はすべて ♪ドレミ♪ に変換しています。

家にあるキーボードを使って西洋音律ベースで音取りしたこともあるくらい。

で、ポップスは割とすんなり弾けるのですが、沖縄民謡は不協和音に感じる12平均律に当てはまらない音が多くて違和感を持ちながらやっていました。

気付いてはいましたが、沖縄民謡の音律は違うんですよね。

便宜的に ♪ドレミ♪ の平均律に割り当てて唄三線しているだけで、本来は平均律で表現出来ない音が所々登場します。

なので、音がすぐ取れる曲と何度聴いても音を取れない沖縄民謡があるのです。

※沖縄に限らず世界中には当てはまらない音律はたくさんあるようです。


沖縄の人には染みついている沖縄独特の音律。

12平均律以外の音は身体に染みついていない私。そしてこの年齢もあり?新しい感覚が身につけられません^^

音の概念が崩れて、曲を聴いても雑念で拾えてた音すら拾えなくなっている今日この頃。。。

頭で考えずに身体で覚えるしかないのは頭では理解しているけど、その頭が邪魔しています^^;
[PR]
by tetora-u | 2013-09-03 23:32 | Tokyo