My Colors

タグ:三線 ( 188 ) タグの人気記事

「旅立ちの島唄」を観ました

コレとかコレとか最近ブログ記事にしていた流れから観るしかないかと、久しぶりに映画を観ました。

b0174068_23232263.jpg


ドキュメンタリーに近い映画「旅立ちの島唄~十五の春~」です。

親が子を思い、子が親を思う気持ち、「家族」がテーマの映画ですが、「自立して強く生きること」を根底に感じ、もう一度観てみたいと思える作品。

主人公・仲里優奈役の三吉彩花さんも、ウチナンチュじゃないのに、しっかり三線を弾き、島唄の節回しで唄っているからたいしたものです。

「チョンコメー」(幼い頃)や「志情[しなさき]」(相手を想う深い愛情)など、方言を唄三線の先生が教えるシーンは、三線を嗜む身として印象に残りました。

優奈が「アバヨーイ」を耐えて唄う卒業公演のシーンや、島から旅立つ時に「春にゴンドラ」が流れるシーンは、涙が止まりません。

青い空と青い海を思い浮かべる沖縄地方ですが、あえて荒れる海や曇り空を撮影したとのこと。

南大東島という馴染みの薄い島の日常が良く描かれていた気もします。

b0174068_2323553.jpg


この島は、1820年、ロシアの艦船ボロジノ号が大東諸島を発見した時に船の名前にちなんで「ボロジノアイランド」と名付けられました。

古来、琉球では“うふあがり島”(はるか東の島)と知られてもいたそうです。

1900年、無人島だった島に八丈島の製糖業を営む企業が開拓者として上陸し、最初はなんと企業が所有する「社有島」でした。

優奈たちの民謡グループ・ボロジノ娘が歌う「おじゃりやれ」は、八丈島の言葉で、「いらっしゃい」という意味で、「アバヨーイ」(さようなら)も八丈島の方言だそうです。

初期の開拓者たちがもたらした八丈島の文化、製糖会社が持ち込んだ大和文化、そして沖縄文化。

南大東島ではこれらが混ざり合う(チャンプルー)文化が今も残ります。

地図で見ると沖縄本島からあまり南下せずにほぼ東の方向となる南大東島のことも勉強になりました。

b0174068_2335223.jpg


桜坂劇場(沖縄)から封切開始されたこの映画。関東エリアでは、シネスイッチ銀座(東京)・横浜ニューテアトル/チネチッタ(神奈川)で現在上映中です。

この先の上映予定は、千葉劇場(千葉)[6/8~]・シネマテークたかさき(群馬)[7/13~]・川崎市アートセンター(神奈川)[8/24~]となっています。

機会があれば是非観ていただきたいオススメの映画です。
[PR]
by tetora-u | 2013-05-27 23:23 | Tokyo

土曜日夜

b0174068_22343712.jpg

土曜日夜はいつもの店へ。

プロのライブが無い週末のため、少しステージで唄三線させていただきました。

リクエストを受けたのは「オジー自慢のオリオンビール」「島人ぬ宝」「島唄」。やはりポップスになります。

合間で雰囲気を変えて「とうがにあやぐ」と「安里屋節」を練習がてら唄三線。

最近あまり弾いてなかったため?か、明けた今日は弦を押さえる左手指先が痛い。

練習不足なのかと思いましたが、ふと思い当たる節が。。。フラットマンドリンです。

新しいオモチャを持ってきた人がいて、面白がって遊び弾きしたから、きっとそれが原因かと思います。

けっこう弦が硬いのです。フラットマンドリンって。

b0174068_22345131.jpg


と、写真をほとんど撮らない週末だったため、GWに撮りためたモノを関係ないけど使いました。

まだ在庫はあるから大丈夫そう♪
[PR]
by tetora-u | 2013-05-26 22:33 | Tokyo

春にゴンドラ

b0174068_2224198.jpg


映画「旅立ちの島唄~十五の春~」の主題歌で、BEGINがこの映画のために書き下ろした『春にゴンドラ』。



物語の舞台となる南大東島は、地形から船の着岸出来る場所が無いため、ゴンドラに吊られて船を乗り降りします。

進学のために高校の無い島から旅立つ十五歳の子、そしてそんな子を見送る親、それぞれの心情の余韻が残る淡いバラードです。


いってくるね いってくるね
いってこいよ いってこいよ


いろんな背景を知ると、曲への接し方がまた深くなりますね。

唄三線向きじゃなさそうだけど、音を取ってやってみようかと思います。
[PR]
by tetora-u | 2013-05-21 22:02 | Tokyo

湘南三線のど自慢大会

「唄わぬ人生より、唄う人生のほうが、面白いのだ!」

参加資格は、三線を愛し、楽曲に三線を使用すること! それだけ!!

堅苦しい決まりはなく、とにかく三線で楽しむコンセプトの「第9回湘南三線のど自慢大会」。
b0174068_21354839.jpg

もちろん自身の参加でなく、三線仲間の初舞台の応援です。
b0174068_21355992.jpg

惜しくも入賞ならずでしたが、「気持ち良かった」というコメント通り、堂々とした唄三線は立派なものでした。
b0174068_2136835.jpg

出演者20組の演目終了~審査結果発表の間は、チケット半券による三線プレゼントの抽選会。
b0174068_21361847.jpg

三線もらって帰ろう!と意気込んで臨みましたが、三線の裾野を広げるため三線を持ってないかたに!という司会者のお言葉。

当選された方々は皆さん正直で、辞退者が続きます。

この集まりは、ほとんどのかたが三線を持っている人が多いでしょうから、逆に辛い選択を迫られます。

当たったらいつもの店に寄付しようと思いつつ、途中からは「絶対当たるなよ~」の願いに変わっている小心者のヂブン^^

ようやく三線を持ってないかたが当選して、ホッと胸を撫で下ろし、気付いたら変な汗をかいていました^^;
b0174068_21362938.jpg

[PR]
by tetora-u | 2013-05-12 21:38 | Kanagawa

とうがにあやぐ

b0174068_22503012.jpg


<ある日のこと>

tetora-u 「最近なに練習してるの?」

(沖縄本島出身の)KJさん 「×××(沖縄ど民謡)」

tetora-u 「しらねぇ~」

KJさん 「tetora-uさんは?」

tetora-u 「×××。宮古民謡が多いよ」

KJさん 「しらねぇ~ マニアックすぎるよ。宮古民謡と言ったら『とうがにあやぐ』だろ」

tetora-u (なるほど~)


<また別のある日のこと>

(伊良部出身の)Yさん 「『とうがにあやぐ』を聴いたら(宮古を思い出して)泣いちゃうよ~」

自分 (よし!次の曲はこれだ!泣かしたるで~^^)


って感じで音取りを始めた、宮古島の国歌とも言われる宮古民謡の代表曲 『とうがにあやぐ』。




宮古民謡に次々と食いついてる一連の動きからすると必然の流れです。

御主が世・宮古のあやぐ・家運繁盛・お正月・子宝・結婚祝い・夫婦相和・子孫繁栄・慶事を祝う などをテーマにした唄は、沖縄本島の「かぎやで風節」、八重山の「鷲ぬ鳥節」のように、座開きに使われたりするそうです。

「あや」は’調子’、「ぐ」は’歌詞’、「あやぐ」は’唄’を意味します。

推定500~600年前に伊良部島で暮らしていた唄の名手「とうがに」さんが『とうがにあやぐ』(「伊良部とうがに」も)を作ったとされてます。

なので「とうがにさんの唄」で良いのかな。

b0174068_22504587.jpg


故郷を思い出す唄があっていいなあ・・・自分の場合はどの唄になるのだろう?

いろんな土地からいろんな歴史を積み上げてきた人々が集まる東京の夜景を見ながら、ふとそんなことを思ったりしました。

b0174068_2252814.jpg



@文京シビックセンター
[PR]
by tetora-u | 2013-05-09 22:55 | Tokyo

知念栄・平良りん子ライブ

b0174068_23552389.jpg


三線慰問の後はそのまま知念栄さん・平良りん子さん・玉里智香さんのライブ。

知念栄さんは琉球民謡協会の最高師範、平良りん子さんは同師範ということもあり、満員御礼の客席には唄三線の先生方がズラリと並ぶものになりました。

演奏曲はさすがに沖縄民謡の直球勝負で、本物の唄三線を堪能!


帰り際に知念栄さんへご挨拶した際に、「ポップスでなく民謡をやりなさいね」と言われました。。

知念栄さんは私のことは知らないはず。なのに何故「ポップス」と言われたのか? 今だに謎です^^


「ポップス」もやらせていただきますが^^; 宮古・八重山に偏っていたので沖縄「民謡」もより一層頑張らなけりゃ!と、「伊江島渡し船」あたりから再度練習したものの。。。



平良りん子さんが唄う放送禁止にもなった曲になう興味津々^^
[PR]
by tetora-u | 2013-05-02 23:58 | Tokyo

三線慰問メモ

金曜夜は、会社で会議→タクシーで築地へ行き寿司→(家まで歩いて帰れる場所なのに)タクシーで目黒のバーへ行きカラオケ→プロ並みの人が揃うお店は英語の歌がビシバシ飛び交う^^;→仕方ないから沖縄方言の歌で対抗^^→日が変わってだいぶ経ってからタクシーで帰宅。。

高齢者施設への慰問前は体調を崩さないよう気をつけるため、そのパターンは避けるとこですが、勤め人として社長のお供となれば多少の無理も必要です。

b0174068_039928.jpg


明けて土曜日は、昼過ぎから三線慰問でした。

なかなかメンバーが同じタイミングで集まれなかったため、当日午前中からのリハーサルで演奏に関する決め事を全体確認。

子供1人を入れて7人で訪問させていただいた今回は、10曲中9曲が先方からのリクエスト。子供が混ざると利用者さんはより一層喜んでくれます。

① 十九の春
② 涙そうそう
③ 花
④ 島人ぬ宝
⑤ 島のブルース
⑥ ふるさと
⑦ 炭坑節
⑧ 花笠音頭
⑨ はいさいおじさん
⑩ 安里屋ゆんた

演奏時は全ての人の目を見るように、しかも偏らないよう努めていますが、目が合うとニッコリ笑ってくれる人が意外と多いです。

その中で少ししんどいのは、⑦炭坑節と⑧花笠音頭。太鼓が1人、唄って弾くのが自分1人、他のメンバーは踊ります。

歌詞がなくとも口ずさんでくれる利用者さんとのアイコンタクトも、演奏に一杯一杯で引きつった笑顔になっていたかも^^;

まあそれもいただく笑顔のおかげで吹き飛ぶくらいの、楽しい時間を共有させていただきました。

b0174068_0392847.jpg


で、本文とは関係ない写真を貼ったナッツは、いつもと変わらないGWを過ごしております^^
[PR]
by tetora-u | 2013-04-28 00:41 | Tokyo

安里屋節

2月中旬並みの寒さで、長野市や福島市などでは統計を取り始めてから最も遅い積雪を観測したという日曜日。

b0174068_2221414.jpg


髪も伸びたのでちょびっとカットに出た以外は、寒さもあり珍しく家で三線練習してました。


♪サー君は野中の茨の花か サーユイユイ♪ で広く知られる「新安里屋ゆんた」。

「安里屋」のつく唄として、他には八重山の「安里屋ゆんた」、そして「安里屋節」があります。

「安里屋節」も八重山民謡と舞踊の曲があり、舞踊は「花笠節」の ちらし(メインの曲の後に演奏する曲)として八重山民謡を大胆に崩した早弾きバージョンになります。

練習しているのは八重山民謡の「安里屋節」。唄に細かい音の変化があり、聴いたイメージよりやってみるとかなり難しい曲です。



でも今日で少しはカタチになりつつあるかな^^

その他、知人から耳コピでの譜面起こしを頼まれたため、その基本の音取りまでをしたりして、(有意義な)ダラダラした1日でした。
[PR]
by tetora-u | 2013-04-21 22:22 | Tokyo

稲嶺盛玄ライブ

また雨の週末になりましたね。写真が全く増えずどうしましょ^^;
b0174068_1204074.jpg

土曜日は稲三会の稲嶺盛玄さんライブ。

2年程前に脳出血で倒れ、リハビリによりライブ活動が出来るまでに復活されたかたです。

ナイチャー向けの選曲を中心に、楽しいトークでライブを楽しませてくれました。

その中で唄三線した曲「大きな古時計」。すべてウチナーグチで唄います。

ただ、ウチナーグチに変えられなかった言葉が。。。



「チクタク」だそうです。確かにねぇ^^
[PR]
by tetora-u | 2013-04-21 01:23 | Tokyo

大工哲弘ライブ

b0174068_23582011.jpg


月曜日にもかかわらず、いつもの店はさすがに満席となった大工哲弘さんのライブ。

手が足りず、皿洗いを手伝いながら(フロアは出来ないから^^;)、2時間休憩なしのライブを堪能しました。

次回慰問で予定している山形の「花笠音頭」などの意表をつく選曲も楽しめたし、八重山の唄はさすが第一人者と思わせる素晴らしさ。

「とぅばらーま」はすぐ近くで食い入るように聴き、また、自身の唄三線として覚えようとしている八重山の「安里屋節」は強く印象に残りました。

八重山の風が流れるような笑顔たくさんのライブ、ありがとうございました。


[PR]
by tetora-u | 2013-04-15 23:59 | Tokyo