My Colors

タグ:動画 ( 277 ) タグの人気記事

安里屋節

2月中旬並みの寒さで、長野市や福島市などでは統計を取り始めてから最も遅い積雪を観測したという日曜日。

b0174068_2221414.jpg


髪も伸びたのでちょびっとカットに出た以外は、寒さもあり珍しく家で三線練習してました。


♪サー君は野中の茨の花か サーユイユイ♪ で広く知られる「新安里屋ゆんた」。

「安里屋」のつく唄として、他には八重山の「安里屋ゆんた」、そして「安里屋節」があります。

「安里屋節」も八重山民謡と舞踊の曲があり、舞踊は「花笠節」の ちらし(メインの曲の後に演奏する曲)として八重山民謡を大胆に崩した早弾きバージョンになります。

練習しているのは八重山民謡の「安里屋節」。唄に細かい音の変化があり、聴いたイメージよりやってみるとかなり難しい曲です。



でも今日で少しはカタチになりつつあるかな^^

その他、知人から耳コピでの譜面起こしを頼まれたため、その基本の音取りまでをしたりして、(有意義な)ダラダラした1日でした。
[PR]
by tetora-u | 2013-04-21 22:22 | Tokyo

稲嶺盛玄ライブ

また雨の週末になりましたね。写真が全く増えずどうしましょ^^;
b0174068_1204074.jpg

土曜日は稲三会の稲嶺盛玄さんライブ。

2年程前に脳出血で倒れ、リハビリによりライブ活動が出来るまでに復活されたかたです。

ナイチャー向けの選曲を中心に、楽しいトークでライブを楽しませてくれました。

その中で唄三線した曲「大きな古時計」。すべてウチナーグチで唄います。

ただ、ウチナーグチに変えられなかった言葉が。。。



「チクタク」だそうです。確かにねぇ^^
[PR]
by tetora-u | 2013-04-21 01:23 | Tokyo

大工哲弘ライブ

b0174068_23582011.jpg


月曜日にもかかわらず、いつもの店はさすがに満席となった大工哲弘さんのライブ。

手が足りず、皿洗いを手伝いながら(フロアは出来ないから^^;)、2時間休憩なしのライブを堪能しました。

次回慰問で予定している山形の「花笠音頭」などの意表をつく選曲も楽しめたし、八重山の唄はさすが第一人者と思わせる素晴らしさ。

「とぅばらーま」はすぐ近くで食い入るように聴き、また、自身の唄三線として覚えようとしている八重山の「安里屋節」は強く印象に残りました。

八重山の風が流れるような笑顔たくさんのライブ、ありがとうございました。


[PR]
by tetora-u | 2013-04-15 23:59 | Tokyo

ばんがむり

b0174068_1445415.jpg


目標「とぅばらーま」とか言いながら放置プレイで早1年。
今日はいつもの店で何度か繰り返し練習。数回やっただけですが今迄で一番唄った日。今迄がどんだけ~?って感じですね^^

八重山の「小浜節」も同じく^^;繰り返しやってみたけど、どちらもまだまだ。

並行してかじっている「池間ぬ主」はボチボチいけそう。

もうひとつ並行して始めた平良の子守唄「ばんがむり」。宮古の方言で「ばん」は私、「むり」が子守り です。



そう、子守唄なので、優しい気持ちでゆったりと唄三線します。曲は易しいですが方言の難易度が高いので苦心するでしょう。

腕前が足りないのにもかかわらず、次々と出るやりたい曲にいろいろ追いつきません。。。

とか言って、この曲はピアノで唄う「Lacorde」のやつ(動画はありません)がお気に入りです。
[PR]
by tetora-u | 2013-04-13 01:47 | Tokyo

池間ぬ主

b0174068_22201495.jpg

八重山の「小浜節」は難しくて苦戦してますが、並行してまたまた宮古民謡をかじり始めてます。

今度は「池間ぬ主」。


うぷてぃだとぅ月(つき゜[つく])がなす
上がり参(んみゃ)す゜や[うざ] ぴす゜[ぴー]てぃつ
ばんたが主(しゅー)とぅ
親母(うやんま)とぅが思(うむ)す゜や[うや] ぴす゜[ぴー]てぃつ
そー にのよいさぁっさい


とんでもなく読めない歌詞ですが^^;、幸いなことに宮古方言を教えてくれるかたがいて助かってます。

「大きい太陽とお月様は上がってくるのはひとつ。(同じように)私たちの主(役人)と奥さんの想いはひとつ」といった感じの、主を讃える意味から唄は始まります。

発音は同じ島でも地域によっても様々なので、唄者によって異なってきます。



動画はあえて三線ではなくピアノとバイオリンをバックに唄ったものをチョイス。

曲の雰囲気も唄三線の宮古民謡とはだいぶ異なりますが、こういうアプローチの仕方も別の角度から見れて面白いですね。
[PR]
by tetora-u | 2013-04-07 22:22 | Tokyo

小浜節

b0174068_22512019.jpg

1月以降の三線タグから拾うと、沖縄民謡で今年やり始めた曲は今のところ以下の通り。

①名護ぬ七曲い
②伊計離り節
③多良間しょんかね
④古見ぬ主
⑤つぃんだら節
⑥ひやみかち
⑦貫花

①②は中途半端なまま投げ出し^^;、⑥はやりたいけどなかなか仕上がらない。③④⑤⑦はまずまず出来るようになってきました。

他にもチョロチョロかじってますが、新たにチャレンジしようとしているひとつに『小浜節(くもまぶし)』があります。

小浜は小浜島(こはまじま)のことですが、「くもま」とも呼ばれるそうです。

沖縄から西へ約400キロの八重山諸島。東京から西へ直線400キロというと神戸あたりの距離です。けっこう遠いですね。

いつも歌詞の参考とさせていただいている『たるーの島唄まじめな研究』によると、琉球王朝時代に人頭税のために古見(くん)から強制移住させられた人々が、小浜を「くんまま」と呼んだのが変化して「くもま」になった説があるそうです。

この曲は三線は良いとして、唄がめちゃ難しいです。微妙に動く音が耳コピでは拾いきれません。

哀愁を帯びたメロディーの中に力強さも求められる表現の難しい唄は、10年かかると言われる「とぅばらーま」くらいかかるかも。

そう、最近は、難しすぎて離れていた「とぅばらーま」も再チャレンジしようとしています。

「小浜節」「とぅばらーま」とくれば、八重山民謡の三大情歌のもうひとつ、「与那国ションカネー」もいずれチャレンジするのが必然か!?

30年はかかってしまいますね~^^



※動画の曲はだいぶポップスアレンジが入ってますが、大工哲弘さんとLucyさんの曲を購入して音源としています。
[PR]
by tetora-u | 2013-03-27 22:55 | Tokyo

誠小逝く

東京は桜が一気に開花しました。

b0174068_20313020.jpg


そんな春の便りも吹き飛ぶような便りが沖縄から届きました。

誠小(せいぐゎー)こと 登川誠仁(のぼりかわ・せいじん)さん逝去のニュースです。

三線をたしなむ人で知らない方はいないでしょう という程の、沖縄民謡界の大御所中の大御所。

小柄でヤンチャな愛されるオジイチャンって感じながらも、存在感は飛び抜けて大きい方でした。

最近は体調が優れないという話は耳にしてましたが。。もっともっと唄三線を聴きたかったなぁ。。


2010年の春に、蒲田での単独ライブ(記事はコチラ)を観させていただきました。

『唄は心』、きっちり唄わなくとも『だいたい似ていれば良いんだよ』の誠小の言葉が記憶に強く残ります。



今年初めての桜を見ながら、唄い終わって「おしまいっ!」っていつも言うように旅立ってしまった、誠小のご冥福をお祈りいたします。

b0174068_20322215.jpg

[PR]
by tetora-u | 2013-03-20 20:30 | Tokyo

旅立ちの島唄~十五の春~

体調不良のため静養に努めた週末。

次回三線慰問の(勝手にピックアップした)候補曲の音を取って工工四を作ったりしてノンビリしてました。

作ったものの、みんなで出来るかも含めて採用可否は未定なので、それは(気が向いたら)いずれ記事にします。


さて、3月という時節柄もあって久しぶりに引っ張り出した「アバヨーイ」という曲。工工四は耳コピからの自作のモノ。

b0174068_21584626.jpg


# 沖縄県の南大東島。
# 那覇から東へ飛行機で約一時間。台風情報などで名前は聞きますね。
# 島には高校が無いため、中学を卒業すると、子ども達は親元を離れます。
# 動画のバックで流れる唄は「アバヨーイ」という曲。
# 15の春。 島を旅立つ子ども達と、家族や島人達の想いを唄ってます。
# アバヨーイ = さようなら。
# 何気なく聞いてしまう曲も、歌詞の背景や意味を知ると、ぐっと唄にのめり込みます。
# 唄うときに、情景や心理を知ること大事さを改めて感じます。
# でも、アバヨーイ = さようなら → これからのスタート! ですよね。

以前も書いた「アバヨーイ」の記事をそのままコピペです^^;



この曲は、5月に公開される映画 「旅立ちの島唄~十五の春~」 の挿入歌でもあります。



映画のワンシーン、民謡教室での先生の言葉 「この歌は泣いて歌ったら価値ないからさ、堪えて歌うんだよ」 の想いを込めて、唄0三線10(喉も痛いから・・)してみました。心に染みる名曲ですね。
[PR]
by tetora-u | 2013-03-17 22:00 | Tokyo

涙のステップ

b0174068_1121833.jpg


須藤薫さんの訃報を遅ればせながら知りました。

初めての車、カローラ(1500SEだったかな?)号のカセットデッキから流れる頻度が高かったポップスシンガー。

その大学生時代を映画化するとしたら、ブレッド&バターと須藤薫の曲は外せないほどの位置づけです。

新宿ルイードでのライブへ行ったのも思い出されます。まだ若かった遠い昔の話ですね。

お気に入りの曲を片っ端から貼り付けることも考えましたが1曲だけ ♪涙のステップ♪



記憶の中で唄は流れ続けます。享年58歳、心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by tetora-u | 2013-03-09 01:15 | Tokyo

ARRIBA!

b0174068_21112992.jpg


今日は3月4日、三線の日でしたが、疲れが溜まってグダグダのため、まっすぐ帰宅しました。

そんな状況下、相変わらず元気になる曲「ヒヤミカチ」を聴いてます。

スペイン語のヤツ^^



♪ HIYA HIYA HIYA HIYA HIYA HIYAMIKACHI ARRIBA ♪

「ARRIBA」とは、スペイン語で「元気を出して立ち上がれ」。 「ヒヤミカチ」と同じ意味です。

どうせ日本語訛りのウチナーグチで唄うのであれば、日本語訛りのスペイン語も同じ!?

♪ コモー エ ティー グレバ リーエンテー ・・・ ♪
[PR]
by tetora-u | 2013-03-04 21:12 | Okinawa