My Colors

タグ:沖縄 ( 238 ) タグの人気記事

チブル誠仁

b0174068_23525583.jpg


いつものお店が、沖縄居酒屋でもなく、沖縄民謡酒場でもなく、沖縄演芸場に変わりました。

そのキッカケがコレ

チブル誠仁



世の中で一番怖い言葉

ターガ シージャか!?(誰が 先輩か!?)

年上の人を敬う沖縄文化の変形。
葉っぱを渡してチューチュー(アイス)買ってこいって言う。
しかも、おつりを請求するって。。
怖い先輩です^^;

お客さんの一人が、チブル誠仁の動画を話題にしてから、店内が一体となり、お笑い系の流れになりました。

みんな頭の回転が早く、ジャンジャンジャンジャンジャーンと三線を鳴らしながら笑いを取る取る。

仕事でいろいろキツい一週間だったけど、笑ってリフレッシュしました。


沖縄でお馴染み?のアメリカ製の潤滑スプレー「WD-40」。本土で言う「KURE 5-56」



この「ダブルディーよんじゅう」の発音が「ラウルリーよんじゅう」しか言えないマスター。


「行く」を「来る」と表現する沖縄人(うちなんちゅ)。



方言の勉強にもなりました^^


※写真はまったく関係ありません。。
[PR]
by tetora-u | 2013-09-29 23:55 | Tokyo

沖縄の難しい地名

三線歌会の疲れがドッと出た一週間もやっと終わりました。


仕事で国土地理院の住所情報を扱った際に、難しい地名の話になりました。
小さい頃から地図を見るのが好きだった私。
詳しいという程では無いでしょうが、割と人より地名がわかりました。
沖縄県の地名になると、触れる機会が多いからでしょう。他を圧倒です^^


意図もなく適当にピックアップした、ほんの一例ですが、読めますか?


① 名護市 東江
② 国頭郡 恩納村 谷茶
③ 国頭郡 金武町 屋嘉
④ 国頭郡 今帰仁村 平敷
⑤ 国頭郡 大宜味村 大兼久
⑥ 中頭郡 読谷村 比謝
⑦ 中頭郡 北谷町 桃原
⑧ 中頭郡 北中城村 瑞慶覧
⑨ 島尻郡 南風原町 津嘉山
⑩ 島尻郡 八重瀬町 東風平
⑪ 島尻郡 与那原町 東浜
⑫ うるま市 安慶名
⑬ 沖縄市 比屋根
⑭ 宜野湾市 大謝名
⑮ 那覇市 奥武山町
⑯ 豊見城市 真玉橋
⑰ 糸満市 喜屋武
⑱ 南城市 玉城 仲村梁

b0174068_1151755.jpg


① なごし あがりえ
② くにがみぐん おんなそん たんちゃ
③ くにがみぐん きんちょう やか
④ くにがみぐん なきじんそん へしき
⑤ くにがみぐん おおぎみそん おおがねく
⑥ なかがみぐん よみたんそん ひじゃ
⑦ なかがみぐん ちゃたんちょう とうばる
⑧ なかがみぐん きたなかぐすくそん ずけらん
⑨ しまじりぐん はえばるちょう つかざん
⑩ しまじりぐん やえせちょう こちんだ
⑪ しまじりぐん よなばるちょう あがりはま
⑫ うるまし あげな
⑬ おきなわし ひやごん
⑭ ぎのわんし おおじゃな
⑮ なはし おおのやまちょう
⑯ とみぐすくし まだんばし
⑰ いとまんし きゃん
⑱ なんじょうし たまぐすく なかんだかり


半分以上読めれば沖縄通??^^:
[PR]
by tetora-u | 2013-08-10 01:15 | Tokyo

都内で三線を弾ける店

いつものお店「ちゃたん」が、移転先の亀戸で無事に営業再開しました。
b0174068_1293657.jpg

開店初日は顔を出しませんでしたが、開店前日と2日目に顔出し。
b0174068_129455.jpg

入り口の看板には(看板なのに)、何故か常連客の名前の入った開店記念の寄せ書き。
b0174068_1295530.jpg

私の名前も書かれてますが、自分で書く前に既に書かれてました。開店前日のその場には居合わせましたが。
b0174068_130315.jpg

今迄よりスペースは狭くなったものの、居心地の良さは変わらず。
b0174068_1301062.jpg

貴重な東京都内で三線を弾ける店。
b0174068_1301845.jpg

久しぶりに三線を弾いて、
b0174068_1302654.jpg

これまた久しぶりにお会いするN先生に発声のアドバイスをいただき、唄の収穫もある1日となりました。
[PR]
by tetora-u | 2013-07-15 01:31 | Tokyo

沖縄からの便り

b0174068_2343058.jpg


リフレッシュしているようで何よりです^^
[PR]
by tetora-u | 2013-07-10 23:45 | Okinawa

沖縄なう

突然ですが!

b0174068_2363211.jpg


今! 沖縄です!!

20連勤などザラにある娘が、平日ながらも珍しく連休となったため、急遽決まった家族旅行。

はい、ナッツと私はお留守番 ♪

b0174068_2364826.jpg


(>_<)
[PR]
by tetora-u | 2013-07-09 23:08 | Okinawa

どぅまんぎる

「どぅまんぎる」とは、ウチナーグチ(沖縄方言)で、「びっくりしたさぁ~」という意味。

b0174068_174060.jpg


先日の朝の通勤時のこと。 隣に座っていた女性がiPadminiで小説を読んでいました。

スマホすら持たない自分からすると、最近の人だな~と思っていたところ、見るともなしに画面の文字がいきなり目に飛び込んできました。

伏せ字で書くのもためらわれるので書かないけど、結構リアルな描写の官能小説 .。ooO(゜ペ/)/

横からはっきり見える程あまりにも堂々と読んでいるその姿。 まさに「どぅまんぎる」朝でした^^



※写真はまた関係ないものだけど、公園でいきなり出くわして、どぅまんぎたモノ。
[PR]
by tetora-u | 2013-07-04 01:08 | Tokyo

東京下町の沖縄ワールド

現在の場所で3年と8ヶ月半。移転のため、いつもの店が6月末で一旦営業終了しました。

食事とサンピン茶、三線を弾くだけで、酒を飲ま(め)ない儲からない客の私でも、いつも暖かく迎えてもらいとても感謝しています。

お店によっては、夜は食事のみのかたはご遠慮ください、要は酒を飲まない人はご遠慮ください、というとこもあるのにね。

移転前の最終営業日は馴染みの客が集まり、名残惜しむようにゆったりと流れる沖縄時間を過ごしました。

また7月中旬から新しい場所で、東京下町の沖縄ワールドは営業再開です。

今度はちょっぴり遠くなります。徒歩5分ほど^^

b0174068_2303288.jpg


※ 気持ち良さそうに、ゆらゆらと泳ぐカメの写真、まったく関連性がありません^^;
ただ、お店にあったカメの置物?を高齢者施設に譲渡したのを思い出して貼り付けました。
[PR]
by tetora-u | 2013-07-02 23:00 | Tokyo

ジャパネット沖縄

ジャパネット沖縄より特別価格で提供!

b0174068_22315099.jpg


これまでは日本の基地のほとんどを沖縄が独り占めしていましたが、今回は特別に本土にも分けてくれるそうです!

b0174068_2232150.jpg


さあ皆さん、今すぐお電話を!!  (っていう動画です↓)



そして、もっと関心を!!!
[PR]
by tetora-u | 2013-06-24 22:33 | Okinawa

上間綾乃ライブ@銀座わした

b0174068_2032306.jpg


ファーストシングル「ソランジュ」発売記念となる、銀座わしたショップでの上間綾乃(無料!)インストアライブ。

商品棚を動かして、お店の売り場の一部を空けての狭いスペースのミニライブです。(その分、出演者は手を伸ばせば届きそうなくらい近いです)

午前中からの整理券配布で並ぶのは身体がしんどいため諦めてましたが、ダメ元で開場前にフラッと立ち寄ってみたら整理券取れちゃいました^^

b0174068_2032423.jpg


沖縄民謡「海のチンボーラ」の唄三線をオープニングに、以降はオリジナル曲の「ソランジュ」カップリングの「里(さとぅ)よ」。

そして9月4日に発売予定のアルバム「ニライカナイ」より「ゆらりゆらら」「やんどー沖縄(うちなー)」の2曲。

最後はシングル「ソランジュ」を唄いあげ、あっという間の至福の30分。





「ソランジュ」とは「空の樹」をイメージした造語だそうです。

(ライブでは語っていませんでしたが) つい先日、85歳のお祝いの宴の2日後に、ご祖母様が急逝されたばかりの上間さん。

「ソランジュ」を作詞された康珍化さん(久々復帰!)のこの曲へのメッセージが心に染みます。

「人間には、苦しくても、決して離してはいけない手があります。同時に、離してはいけない手を離さなければならなかった、そんな悲しみに打たれるのもまた人間です。それがつながれた手なら、さらに固く結ばれるように、それが離れてしまった手なら、少しでもその悲しみを癒やせるように、そんな願いを歌に込めました」





上間さんがこの曲のテーマである「手」について語るシーンが非常に印象的でした。


慰霊の日という特別な日に唄ってくれて、ありがとう。
[PR]
by tetora-u | 2013-06-23 20:33 | Tokyo

オトーリコップ

銀座わしたショップで見つけた「オトーリ」のイラスト入りコップ。

b0174068_23233196.jpg


「オトーリ」とは沖縄県の宮古地方で行われる飲酒の風習で、車座になって1つのコップで一杯ずつ泡盛を廻し飲みするもの。

※このコップが使われるわけではありません。(念のため)

酒を飲めない私からすると有り得ない行為ですが、本来は飲めない人は飲まなくとも良いルールだそうです。

もともとは庶民に貴重な泡盛を皆が均等に飲むところから始まった歴史のある風習です。


コップのラインに書かれてる「 ぷ か ら す 」。

「す」のラインまで牛乳を入れ

b0174068_23234587.jpg


「か」のラインまでコーヒーを入れ、コーヒー牛乳を飲むのが今や毎朝のルーティン。

b0174068_23235713.jpg


ほんわかしていて「ぷからす」の意味である「嬉しい」気持ちになるコップです^^


.
[PR]
by tetora-u | 2013-06-13 23:23 | Tokyo