My Colors

タグ:街 ( 621 ) タグの人気記事

かかしがじぇじぇじぇ!

清澄白河・深川資料館通りの「かかしコンクール」で目を引くのはやはりコレ。

b0174068_22225952.jpg


「あまちゃん」です。

b0174068_2223106.jpg


夏さんはいませんでしたが、母・春子はいます^^
(更新後追記・・上の写真は夏ばっぱでした^^;スイマセン)

b0174068_22232097.jpg


普段テレビを見ない私も、家族が録画したものを偶に見ているので珍しくわかります。

b0174068_22232848.jpg


ミス北鉄の後ろ姿には「じぇじぇじぇ!」

b0174068_22233715.jpg


思わず笑みがこぼれる「かかし」でした^^
[PR]
by tetora-u | 2013-09-10 22:22 | Tokyo

東京オリンピック開催決定

2020年夏季オリンピック・パラリンピックの東京開催が決まりましたね。

b0174068_2242411.jpg


選手村が我が家のすぐ近くに出来るみたいだから、街の様子もオリンピックまでに凄く変わりそうです。

b0174068_22425053.jpg


オリンピックは好きだし、決まったからには歓迎します。

招致に関わる人々の苦労とプレッシャーは大変なものだったかと思います。お疲れさまでした!との思いでいっぱいです。また、ここからがスタートですね。

b0174068_2243075.jpg


開催が決まったら切り離すべき話題かもしれませんが、オリンピックへ向けてまず政府に期待することは、「(原発の)状況はコントロールされている」と世界に向けた首相の言葉の実践。その後の「東京に決してダメージを与えない」という言葉を「福島」に置き換えて本気で取り組んで欲しいです。

.
[PR]
by tetora-u | 2013-09-08 22:44 | Tokyo

クライムチャレンジ

立ちはだかる目の前の壁をあなたは克服できるのか!?
b0174068_13367.jpg

コレ、相当キツいでしょうね。
b0174068_131775.jpg

ビルの日影のうちはチャレンジャーも多かったけど
b0174068_13317.jpg

時間が経った後の日差しの下ではさすがに少なくなりました。
b0174068_134498.jpg

以上、引っ張った「東京空中散歩」でした。
[PR]
by tetora-u | 2013-09-08 01:04 | Tokyo

ブレイブフォール

一歩踏み出す勇気。

b0174068_0381117.jpg


やはりやめようか?

b0174068_0382316.jpg


その小さな一歩は、とても大きな一歩。怖がってなかなか降りれなかったけど頑張った男の子に拍手喝采。

b0174068_039395.jpg


東京空中散歩」の続きで、『ブレイブフォール』というアトラクション。

b0174068_0391436.jpg


命綱一本で空中から飛び降りる勇気は、

b0174068_0392881.jpg


私にはありませんでした^^

b0174068_0394265.jpg

[PR]
by tetora-u | 2013-09-05 00:41 | Tokyo

空中散歩

b0174068_23242277.jpg


東京ミッドタウンで本日まで開催していた「東京空中散歩」。

b0174068_21291936.jpg


郊外の公園などにあるアスレチックと同じなのですが、その場所が六本木になるとひとつのイベントになってしまいます。

b0174068_21292893.jpg


b0174068_21283643.jpg


コンセプトは「東京の上空を散歩する」。

b0174068_21293669.jpg


暑くなければ散歩してみたかったですが、何か起こしたら現場の人の迷惑になるので自重しました^^

b0174068_2129552.jpg

[PR]
by tetora-u | 2013-09-01 21:30 | Tokyo

旧井上房一郎邸

b0174068_173396.jpg


高崎市美術館に併設されている「旧井上房一郎邸」。

b0174068_17454.jpg


井上房一郎氏とは、「群馬交響楽団」の創設に力を尽くすなど、文化活動に大きな足跡を残す高崎市出身の実業家。

高崎市のシンボルのひとつでもある「音楽センター」設計者で氏と親交のあった建築家アントニン・レーモンドの建築スタイルを取り入れた建物が「旧井上房一郎邸」とのことです。

上記の説明、無知な私はもちろん知りませんでしたが、「群馬交響楽団」や「音楽センター」は、馴染みのキーワードです。

b0174068_17569.jpg


先日の記事での「群馬県人チェック!」のサイトは、「旧井上房一郎邸」を調べた流れで見つけました。

b0174068_18989.jpg


そこでも「群馬交響楽団」や「音楽センター」は、やはり登場します。

●群馬交響楽団を誇りに思っている

●コンサートと言えば県民会館か音楽センター

もちろん2つともYESです

b0174068_182141.jpg


「旧井上房一郎邸」に話を戻すと、外観はこんな感じ。

b0174068_183146.jpg


で、看板の写真はこんな感じ。

b0174068_184262.jpg


後ろのマンションが消えてます^^
[PR]
by tetora-u | 2013-08-24 01:10 | Gunma

ダンボールアート遊園地

(高崎シリーズ続けます)

b0174068_0699.jpg


東京へ戻る前に、高崎市美術館で開催している「ダンボールアート遊園地」を面白そうなので見に行ってみました。

b0174068_063185.jpg


展示している作品は見事なもので、作品に触れられるエリアもあり、子どもたちの瞳はキラキラと輝いていました。

b0174068_064697.jpg


身近な素材を使ったユニークなアート、きっと子どもたちの創造の世界も広がったことでしょう。

b0174068_07211.jpg


夏休みにタイムリーな企画でしたね!

b0174068_072013.jpg


PS. 祝! 前橋育英高校 甲子園優勝!!!
[PR]
by tetora-u | 2013-08-23 00:07 | Gunma

LOVE TAKASAKI

同窓会の翌日、高崎駅前で自転車を借り、まず向かった先は母の墓参り。

そして仕事で葬儀に行けなかった亡き叔母宅へ新盆のお線香をあげに行き、さらに別の叔母宅へ挨拶の顔出し。共に高崎駅近くに住む母の姉妹です。

b0174068_232467.jpg


思い出話に花を咲かせた叔母宅を後にしてから、高崎の街をチャリで颯爽と流す。汗だくになりながら。。^^;

母の故郷で、母が大好きだった街、高崎。 今は「LOVE TAKASAKI」の文字があちこちで見受けられます。

b0174068_233290.jpg


母と一緒に高崎の街を歩いた際は、次から次に母を知る人から声がかかったことが思い出されます。

かつては賑わった街もシャッター通りばかりになったけど、埋もれていた思い出がひとつまたひとつと蘇った夏の1日となりました。

b0174068_233193.jpg


墓参り後の行動の記事なので、少し沈んだトーンになるのは仕方ないですね。



なので少し雰囲気を変えて。。。

コレを見て、ひらがな1文字を連想してください。さて、どんな文字が浮かぶでしょうか?

b0174068_2333649.jpg


私は「え」です。

他県の方にはわからないでしょうが、「上毛カルタ」の「え」=「縁起だるまの少林山」です。

群馬県人チェックというサイトがあります。

その冒頭が↓

●上毛カルタをすべて暗記している。
 ⇒小さい頃はすべて記憶してましたが、さすがに忘れてきました。でも群馬県民で上毛カルタを知らない人はいないでしょうね。

ついでにいくつか^^;

●『力合わせる・・・』の次に『190万!』と言う人と『200万!』と言う人で上毛カルタの世代が分かれる。
 ⇒これも上毛カルタの句。おじさんは『力合わせる160万』だ!

●運動会の組分けは、赤城(赤)、榛名(青)、妙義(黄)、浅間(白)の4つが基本である。
 ⇒大きい学校はそうだったかもしれませんが、私が通った小学校は、赤城(赤)、榛名(緑)、妙義(白)でした。

●方角は山を見て判断する。
 ⇒確かに!^^赤城、榛名、妙義、浅間の山々は判断基準ですね。

●贈答品は、高島屋より、西武より、何より「スズラン」ががありがたみがある。
 ⇒高崎のデパートといえば「スズラン」が別格です!

●高校は男子校(女子校)だった。
 ⇒当然だんべ!^^(公立は男子高・女子高率が異常に高い県なのです)

●子供のころ「プラザアテネ」を見上げては「あそこに行きたい」と親を困らせたことがある。
 ⇒頑張ってお城みたいな高級ラブホへ行こうとしてる友人にカンパしたことはあるけど残念ながら行ったことはないなぁ。。

●シャンゴのスパゲッティーが一番美味しいと思う。
 ⇒大学生の頃に帰省すると必ず行ったっけ。。

●話の語尾を「なんさ~」と付けるのが方言だと言う事を知らなかった。
 ⇒「いくんかい?」「そうなんさ~」とかね^^;

●海が好きだ。
 ⇒海なし県民の憧れですよね~

まだたくさんあったけど、このへんで。。
[PR]
by tetora-u | 2013-08-20 23:06 | Gunma

雑感・東京湾の花火大会

エアコンの室外機から吹く風が、温風に感じないほど暑い、夏の日の夕べ。

ビルに風の通り道を遮断され、コンクリートとアスファルトに蓄積された熱は、頼みもしないのに日が暮れても街を暖め続ける。

水辺の我が家はまだマシなほうか。

b0174068_23432724.jpg


飼い猫ナッツには初めての東京湾の花火でしたが、音に動じることなく、いつも通りくつろいでいました。

昨年の東京湾の花火は、先代猫のテトラが一週間後に旅立つなんて思いもせずに、同じようにベランダから花火を観ながら、テトラが怖がってないかを確認したことを思い出します。

命あるものは、みな限られた時間の中で生きているのだから、喜怒哀楽どんな時も、その時間を大切にしないといけませんね。

b0174068_23434011.jpg


さて、今年の花火大会で密かに期待していたことは、DJポリスが家の近くに現れるか。

予習としてYouTubeで声や見た目をチェックして臨みました^^

「ん!?この声とトークのスタイルは?」と、花火が始まる前にそれらしき人を発見! 確証は無いけど見た目も予習したビデオに近い!

でも花火が始まった後の我が家の近くは、違うかたがマイクで群集整理をしてました。残念!

しかし人の集まるイベント運営は大変ですね。今回もボランティアさんを含めて沢山の人が花火大会をサポートされてました。

b0174068_2344326.jpg


いつもは晴海通りの車道いっぱいに広がる帰路につく人の列は、誘導の仕方を変えたのか、今回はあまり拡がらずに済んだみたいです。

いや、そもそも人出が少なかったのか? 猛暑や豪雨の多い天候のためかわかりませんが、始まる前の人の数もいつもより若干少ない気もしました。

花火会場へ向かう人の流れは、花火大会の後半にさしかかると、駅へ向かう人の流れに変わります。

下手すれば花火が終わっても電車に乗るまでに2時間以上かかるので、フィナーレ前に帰る人がいてもおかしくはありません。

引き上げタイミングについては、だいたい花火が終わって1時間程後が駅周辺は混雑マックスになるので、晴海埠頭のメイン会場にいる人は開き直って宴会して帰るほうが良さそうです。(いつまで居座れるのか知りませんが・・)

少し離れた場所から花火大会を見た場合は、すぐに帰った方がわりかしすんなり帰れます。

花火終了後の駅に向かう人の数を時間差で見ていて、いつもそう感じます。

b0174068_23442992.jpg


何はともあれ、夜になり適度な風も出て煙も滞留せず、また雨に降られずに花火が楽しめて良かったです。

また来年も同じように楽しめたら良いな♪
[PR]
by tetora-u | 2013-08-13 23:45 | Tokyo

第25回東京湾大華火祭

b0174068_04220100.jpg


b0174068_0423039.jpg


b0174068_0423945.jpg


b0174068_0424821.jpg


b0174068_0425724.jpg


b0174068_043745.jpg


b0174068_0431721.jpg


b0174068_0432731.jpg


今年も花火を家から楽しめたことに感謝です。
[PR]
by tetora-u | 2013-08-12 00:44 | Tokyo